感想等雑記

感想とか日記とかを書きます。今は『ミュージカル刀剣乱舞』の感想がメインです。

刀ミュの初心者おすすめ作品は何か(2022年春版)

 今現在(2022年春)において「ミュージカル『刀剣乱舞』」(通称刀ミュ)の作品の中で、「初心者におすすめの作品」はどれか。あくまで「わたし個人の思う」おすすめですが。
 おすすめにおいて「そもそも刀剣乱舞を知らない」なのか「刀剣乱舞はやったことある(または現在もプレイ中)」なのか「ミュージカルや舞台が好き」なのか「ミュージカルはほとんど見たことない」なのか、そのあたりの「前提条件」でもおすすめというのは変わると思うんですが……。

※『江水散花雪』のアーカイブ配信が始まりましたので、一部記載を修正しました。あと個人的なおすすめに加筆しました。(2022/06/18)

刀剣乱舞とは

 まず前提条件を整えるのに「『刀剣乱舞』とは何か」を説明します。
 『刀剣乱舞』とはDMMゲームス、スマホアプリで遊べるゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』のこと。それを原作として漫画、アニメ、映画、ミュージカル、ストレート舞台などに展開されています。

ストーリー:時代は2205年、歴史修正主義者により過去への攻撃が始まった。時の政府はそれに対向するため「審神者」なるものを時の守り手とした。審神者は、物の心を励起し戦わせる力を持つ者である。審神者は名だたる刀剣たちを「刀剣男士」という戦士の姿にし過去へと送り、歴史を守る。

 ざっくりですが刀剣乱舞のストーリーは基本的にこれです。一言に集約すると「刀剣男士が過去に行って歴史を守るタイムパトロールSF」です。ここの前提がわかればほとんどの作品は見れると思います。

★ざっくり用語解説
刀剣男士(とうけんだんし):刀が審神者の力によって戦士の姿になったもの。付喪神
審神者(さにわ):刀を戦士の姿にできる。刀剣男士たちの主。ゲームではプレイヤーのことを指す。ミュージカルでは声のみ登場。
本丸(ほんまる):審神者の本拠地。刀剣男士たちもここで暮らしている。
歴史修正主義者(れきししゅうせいしゅぎしゃ):時間遡行軍を率いて歴史を変えようとする勢力。
時間遡行軍(じかんそこうぐん):歴史修正主義者の実行部隊。歴史上の重要人物が事をなす前に殺そうとしたり、歴史上死ぬはずの人間を生かそうとしたりする。
検非違使(けびいし):時間を遡るものをすべて「敵」とみなす勢力。時間遡行軍のことも刀剣男士のことも攻撃する。

●「ミュージカル『刀剣乱舞』」って?

 先に述べた『刀剣乱舞-ONLINE-』のメディアミックス作品の一つです。その名の通り「ミュージカル」です。第一部は歴史を守るストーリーのミュージカル、第二部はライブの二部制です。宝塚や演歌歌手の舞台みたいなやつです。前半は劇で後半はライブです。
 ちなみにファンの間では物語とライブの二部構成の作品(『阿津賀志山異文』等)を「本公演」、ライブが中心の『真剣乱舞祭』等を「祭(まつり)」と呼んだりしてます。正式な略称ではないと思いますが、この記事では以下「本公演」「祭」という言葉を使っていきます。
 あと本公演にも祭にも属さない感じで「単騎出陣」と「双騎出陣」があります。単騎はその名の通り刀剣男士は一人だけの作品、双騎は刀剣男士は二人だけの作品です。これは「推しキャラクター」や「推し役者」のいる人向け。

 というわけで初心者おすすめ作品を紹介します。

●初心者おすすめ作品・本公演編

 「前情報がなくても見られる」「これ1本で話が完結している」わたし的にはこの二本だと思います。
・三百年の子守唄2019
・幕末天狼傳2020

・三百年の子守唄2019

ストーリー:徳川家康が赤子の時に、家康の親と徳川の家臣たちが時間遡行軍に殺されてしまう。刀剣男士たちは、赤子の家康を育てながら徳川の家臣を名乗りその役割をこなす。

登場刀剣男士:石切丸、にっかり青江、千子村正蜻蛉切、物吉貞宗、大倶利伽羅

 この作品は2017年版と2019年版がありますが、衣装や舞台のクオリティが明らかに違うので2019年版をおすすめします。ストーリーも曲も2017年版と2019年版で大きな違いはありません。二部は全曲変更されてますが。
 『三百年の子守唄』が気に入ったら『葵咲本紀』も是非見てください。続編というか、時間軸としては『三百年の子守唄』の最中(?)の物語です。蜻蛉切千子村正が徳川家臣として歴史を守っているところに、四振りの刀剣男士が一時的に応援にいく話。

・幕末天狼傳2020

ストーリー:時間遡行軍の次の狙いは新選組だった。新選組にはゆかりを持たない蜂須賀虎徹を隊長に、かつては新選組の愛刀だった刀たちと共に歴史改変を防ぐため過去に向かう。

登場刀剣男士:加州清光、大和守安定、和泉守兼定堀川国広、蜂須賀虎徹長曽祢虎徹

 この作品も2016年版と2020年版がありますが、初心者が見るなら2020年版をおすすめします。舞台のクオリティが段違いなので。2016年版は階段しかなかった舞台が、2020年版は床が回ったりおしゃれな木戸みたいなのが設置されてて、その舞台装置の使い方も面白いし衣装やウィッグの出来が2020年版の方が明らかにいい。あと「曲数」が違う。2016年版は12曲ですが2020年版は17曲です。5曲の差は大きい。2020年版の方が「ミュージカルしている」。ミュージカルしている、というのが感覚的な言い方なので説明すると2016年版は歌と物語の調和度がちょっと低いと個人的に思っているんですが、2020年版は調和度が高い。役者さんたちの演技力、歌唱力も2020年版の方がいい。幕末天狼傳は2020年版をおすすめです。
 ちなみに2016年版と2020年版は数曲のぞいて歌は総入れ替えになっており、ほぼ別の作品です。ストーリーのおおまかな部分は同じなんですが。ドット絵ゲームがリメイクで3DCGゲームになったみたいな違い……?(ゲーマーはすぐゲームで例えようとする)
 『幕末天狼傳』が気に入ったら直接的に続編になる『結びの響、始まりの音』→『江水散花雪』と見ていくことをおすすめします。

●ミュージカルや舞台作品を見慣れている人向け

 先の作品と多少繋がりがあるのでその部分を「過去に何かあったんだな」くらいでスルーできる人向け。

・静かの海のパライソ2021

 パライソは「ミュージカルや舞台を見慣れている」なら初見でもいけるんじゃないかな? と勝手に思ってます。

ストーリー:「島原の乱」が時間遡行軍に狙われていることが判明した。審神者は刀剣男士をその時代に送るも、時間遡行軍に島原の乱の中心人物である「天草四郎」を殺害されてしまう。刀剣男士たちは島原の乱を歴史通りに実行するため、天草四郎の死を伏せキリシタンの民たちを集めていくが……。

登場刀剣男士:鶴丸国永、大倶利伽羅、浦島虎徹、日向正宗、豊前江、松井江

 こちらは2020年春に最初の公演があったもののコロナにより中止、2021年秋に一部演出を変更し上演されました。アーカイブ配信は2021年のもののみです。6月発売予定のBD/DVD特典として2020年版の資料映像のムービーカードが封入されることが発表されました。
 で、これがミュージカルや舞台に慣れている人におすすめな理由。まずは曲数。24曲です。刀剣男士の歌のみでなく民衆の歌う歌とかもある。ストーリーの内容は重めですが、レミゼとかベルばらとか見慣れてたらこのくらい平気なのではないか(偏見)。あと同じテーマの曲が味を変えて何度も出てくるのがミュージカル好きは好きだよね(偏見)。
 ただ注意してほしいのが信仰を持っている人間にとっては島原の乱が舞台の物語、つまり「殉死か改宗か」を迫る物語はかなりショックを受けることです。遠藤周作の『沈黙』の十倍希釈くらいのきつさです(非常に個人的な物差し)。わたしはディレイ配信を丸1日見れないレベルのショックを受けました。あ、実際の公演はそんなに信仰心には切り込んでないです。むしろそこはほとんど焦点にない。ただわたしが個人的にショックを受けただけです。

●初心者おすすめ作品・祭編

 真剣乱舞祭2017以降の祭ならだいたいどれを見ても楽しい。が、それじゃおすすめにならないので、傾向別にしてみました。

★たくさん歌を聴きたい!
・壽 乱舞音曲祭
 こちら、刀ミュ五周年を記念した公演です。第一部の曲と第二部の曲をまんべんなく聴けます。特に第一部は曲が公演作品順になっており、初心者の方にも刀ミュの歴史がなんとなく感じらられるのではないでしょうか。まずはこの作品を見て、そこから気に入った曲の本公演を見てみる、というのもいいかもしれません。

★楽しく盛り上がれるライブを見たい!
・真剣乱舞祭2018
 とにかく楽しいものが見たい! という方には『真剣乱舞祭2018』をおすすめします。真剣乱舞祭の中でも特に『祭』を追及した作品です。実際の祇園祭よさこい祭りの歌をアレンジしたものが歌われます。

★歌だけじゃなく物語も見たい!
・歌合乱舞狂乱2019
 こちら、短い物語→ライブ→短い物語→ライブ……という流れで進んでいきます。物語の方にももちろん歌がありますよ!(ない部分もありますが) わたしはにっかり青江の講談風怪談が好きです。

●無料でパッと見れるやつない?

 アーカイブ配信高くてちょっと迷うな~という方に朗報! 現在なんと『髭切膝丸 双騎出陣~SOGA~2020』がまるごと無料で見られます! 字幕もついてる!
 さあ再生ボタンをポチっとどうぞ! 第一部は一時間で終わるから! ほぼミュージカル曽我物語なんですけどミュージカルとして面白いので!


www.youtube.com


 こちら、国際交流基金により2023年2月19日まで無料配信されてます。↓国際交流基金の紹介ページ。

stagebb.jpf.go.jp

 わたしはこれ大好きで全日ライブ配信の時に何回も見ました。2019公演も2020公演もどちらも好きです。

●無料でパッと見れるやつ(MV編)

 シングルCDのMVが公式配信されてます! こちら再生リストです。

youtube.com

・個人的なおすすめMV
『決戦の鬨』(結びの響、始まりの音)

www.youtube.com

 曲自体もかっこいいしMVに殺陣が入っててかっこいい。第一部系の曲で一番好きなMVです。第一部じゃなくて第一部「系」てつけたのは、これ歌われるのは第二部の最後だからです。この場合曲順としては第二部なんですが元の衣装で刀剣男士の使命を歌うので位置付けとしては第一部、みたいな……。音曲祭で『ユメひとつ』が第一部だったので「位置付けとして第一部」っていうのはそう間違ってないかと。土方さんの人生を描いた第一部の後に兼さんにソロで「命が尽きる音」と歌わすの観客の涙腺に容赦がない。

『問わず語り』(東京心覚)

www.youtube.com

 東京心覚本編はまだ理解の追い付かないところが多いのですが、第一部のエンディング曲的なこれはすごく好きです。『はなのうた』が好きでアルバムで『はなのうた』→『問わず語り』と聴いていたら「(想いを)こころに留めてはおけない、歌わずにはいられない」って刀剣男士含む主要登場人物全員で歌った後に、静かに「これは問わず語り、ひとりごと」って、でもやっぱり「歌わずにはいられない」を体現している流れがしみるのかも。

『Scarlet Lips』(幕末天狼傳2020)

www.youtube.com

 ちょっとジャズっぽい? 音とか好きです。
 加州清光と大和守安定がとにかく可愛いし蜂須賀は美しいし堀川と兼さんと長曽祢さんはイケメンということが確かめられるMVです。

●全部でどれだけ作品があるの?

 上の説明の時には省きましたが、2022年3月現在の公演作品は以下の通りです。公式サイトの公演情報を参考に書き出しました。

トライアル公演
阿津賀志山異文
幕末天狼傳
in厳島神社
真剣乱舞祭2016
三百年の子守唄
加州清光単騎出陣2017
つはものどもがゆめのあと
真剣乱舞祭2017
結びの響、始まりの音
阿津賀志山異文2018巴里
加州清光単騎出陣2018
真剣乱舞祭2018
三百年の子守唄2019
加州清光単騎出陣アジアツアー
髭切膝丸 双騎出陣 2019~SOGA~
葵咲本紀
歌合 乱舞狂乱2019
静かの海のパライソ
髭切膝丸 双騎出陣 2020~SOGA~
幕末天狼傳2020
壽 乱舞音曲祭
東京心覚
静かの海のパライソ2021
江水散花雪
真剣乱舞祭2022(5月~上演予定)
鶴丸国永 大倶利伽羅 双騎出陣(今夏上演予定)
にっかり青江単騎出陣(2021年春~2022年秋まで上演予定なので末尾に掲載)

 並べると多いですね。これからの上演予定作品含め28もある……思えばわたしが見始めたころ(2017年)は本公演3作品しかなかったので迷いなく見れたな、と。
 「これ、全作品繋がってるの?」と聞かれると「全作品うっすら繋がってる」ですね。『三百年の子守唄』と『葵咲本紀』みたいに先に三百年を見た方がわかりやすいかなという作品もありますが、単品で見ても一作として楽しめるように作ってあるのではないかなぁと思います。この辺は先にも述べた「先の作品と多少繋がりがあるのでその部分を「過去に何かあったんだな」くらいでスルーできる」かどうか……ゲームをナンバリング途中からでもプレイできるか、ナンバリングなら1からプレイしたいか、みたいな? 1から見たい人は『阿津賀志山異文』から順番に見ていくといいかなと思います。再演のあるものは基本的に最新作を見るのがおすすめです。舞台装置とか衣装とかウィッグとかが進化してるから。ちなみに『トライアル公演』と『阿津賀志山異文』と『阿津賀志山異文2018巴里』はストーリーは基本同じです。ただ『阿津賀志山異文2018巴里』は小狐丸が元の役者さんが病気療養のために代役の方です。そこが気にならないなら巴里を見るのがいいかなと。

 ちょっと上の一覧だとわかりにくいので本公演のみに絞って、再演類をまとめます。

阿津賀志山異文(トライアル、2016、2018巴里)
幕末天狼傳(2016、2020)
三百年の子守唄(2017、2019)
つはものどもがゆめのあと
結びの響、始まりの音
葵咲本紀
静かの海のパライソ(2020、2021)
東京心覚
江水散花雪

★ストーリー的に繋がりの深いもの
阿津賀志山異文→つはものどもがゆめのあと
幕末天狼傳→結びの響、始まりの音→江水散花雪
三百年の子守唄→葵咲本紀

※うっすらとした繋がり
葵咲本紀→静かの海のパライソ
葵咲本紀→東京心覚

●どこで見れるの?

 DMM動画なら上記公演はほとんど配信中です。あとdアニメストアでも一部作品が配信されています(全作品は配信されてませんが、月額440円で価格は一番安いかな?)。

 これわたしが間違ったこと書くとアレなのでDMM動画の「ミュージカル『刀剣乱舞』」カテゴリをご覧ください。

www.dmm.com

 dアニメストアはこちら。トップページにリンクしてます。初月無料、月額440円(税込)なので、ちょっと興味あるけどDMM動画だと高いなあと思う人はこちらで見てみるといいかなと。配信作品は検索等でご確認ください。

anime.dmkt-sp.jp

●どれから見たらいいのか迷う場合

 「どれでも好きなものから!」って気がしますが、やっぱり何か入り口があると見やすいよなあ……と思うので。

・MVを見て気に入った曲の公演
・音楽の定額配信サービスで気に入った曲の公演
・『刀剣乱舞-ONLINE-』をプレイしてみて気に入ったキャラクターの出ている公演

 このあたりがお金をかけずに見てみたいものを選べるかな? と思いました。

 あと『阿津賀志山異文』が漫画化されてて第一話を無料で読めます。コミックスも上下巻で完結しているので、手に取りやすいかと。

tonarinoyj.jp

 ちなみに漫画化は『幕末天狼傳』も予定されています。この調子で『つはものどもがゆめのあと』まで続いて欲しいこの義経公と弁慶の勧進帳が見たい……。

●個人的なイチオシ

・本公演『幕末天狼傳2020』
 今一番初心者向けじゃないかなぁと個人的に思います。前述したように『三百年の子守唄』も初心者おすすめなのですが、「刀剣男士が徳川家臣に成り代わる」というストーリーなので、初心者にとって「名前を2種類覚えなくてはならない」のがちょっとハードルになるかな、というのも思ってしまい……そのあたりは『幕末天狼傳2020』の方がシンプルかなと思います。あと新選組の土方、沖田、近藤あたりは名前くらい聞いたことある人が多いと思いますし、そのへんもとっつきやすいかなと。
 あとストーリーが一番好きなのが『結びの響、始まりの音』なんで、是非『幕末天狼傳2020』→『結びの響、始まりの音』と見てほしいなと(笑)。あと極の兼さんがめちゃくちゃかっこいいので『江水散花雪』も。

・祭『壽 乱舞音曲祭』
 上にも書いたけど「第一部の曲が公演順に歌われるので、刀ミュの歴史を感じられること」が初心者向けかなあと。登場する刀剣男士も多いので「このキャラクターが気になる」とか「この人の歌声が気に入った」とかいうところから本公演を見たりすることも出来るかなぁと思います。
 音曲祭には出演者の違う2種類の動画が配信されています。

・1/17 17:00公演 膝丸出演
・1/23 17:00公演 千子村正出演

 その名の通り「膝丸が出演する公演」と膝丸の入れ替りで「千子村正の出演する公演」です。村正の出演する方が大千穐楽公演です。第一部の曲は共通、第二部にデュエット曲やソロ曲の変更があります。以下、曲の変更点です。

・膝丸公演
『Drive』(和泉守兼定長曽祢虎徹
『Endless Night』(三日月宗近
『情熱のSymphonia』(膝丸)
『Real Love』(蜻蛉切

千子村正公演
『impulse』(蜻蛉切千子村正
『Versus』(小狐丸)
『キミと見上げたあの日の空に』(鶴丸国永)
『Blue Light』(加州清光

 その他、人が入れ替わることで曲は同じでも歌唱者の入れ替えがありますが、細かい話になるので省きます。
 膝丸公演と村正公演のどっちがおすすめかというと、どっちもそれぞれいいところがあるんですが……千子村正公演で。

千子村正公演おすすめポイント

・『太刀風』が葵咲本紀フルメンバーで歌われる
 この曲は『葵咲本紀』公演時にはストーリーの関係で村正と蜻蛉切を除く「篭手切江、御手杵、明石国行、鶴丸国永」の四振りで歌われます。CDアルバムには六振り揃ったバージョンが収録されていますが、「舞台上で『太刀風』が葵咲本紀メンバー全員で歌われる」のは2022年6月現在この公演だけです。

・『impulse』
 刀ミュ歌うまコンビによる『impulse』はめちゃくちゃ聞き応えがあります。『三百年の子守唄2019』でも見たんですがもう一回生で見たい! って思ってしまいます。

・『ゆめのあと』に江が揃ってる
 わたしは江推しなので江が揃うと評価ポイントが上がる。「夢を追う篭手切を中心につるんでる江が『ゆめのあと』を歌う」のもじんとくるというか。ここの『ゆめのあと』歴史のことだけど、篭手切たちの夢も「生きた足跡」として残るのかなぁとか考えてしまう……。
 あと細かいことですが『ゆめのあと』の始まる前の三日月の演技が好きです。回替わりの手合わせからそのまま『ゆめのあと』に入るんですが、イントロが始まる前の鳥の飛び立つ音に三日月が表情を変えるところ……いつも心を隠す三日月が思わずこぼした感情で、でもイントロが始まるときにはもうきりっとした表情になる。そこがすごく好きです。

・『Blue Light』
 加州推しなので加州ソロを聴いて欲しい。天狼傳2020ともCDとも違うバージョンと振り付けです。悲しい感じの振り付けで「やっぱりこの『あなた』死んでるじゃん……」という思いを深くした。

 だいたいこんな感じです。今のところ。